日本全国に生息する鳥|ハチに刺されないための三箇条|害獣駆除の専門業者へ依頼
男の人

ハチに刺されないための三箇条|害獣駆除の専門業者へ依頼

日本全国に生息する鳥

ハト

寄せ付けないための対策

鳩は人間が生活するような環境に順応している鳥で、野山よりも都心や住宅街に多いです。マンションや鉄道の駅に巣を作るなど、大型の建造物周辺に集まる傾向があります。そういった場所では大量の糞が地面を汚したり、人間に当たって被害が出る事が少なくありません。そのため、鳩が寄り付かないように対策を施している場合が多く、場所によって様々な工夫が行われています。例えば駅の構内であれば、鳩がたくさん集まる所には、スムーズに歩けないように針や柵が設置されています。また、マンションにおける鳩対策としては、マンション全体を管理人がこまめに巡回し、人間が頻繁に現れる事を伝える事が一般的な対策です。場合によっては、エアーガンで撃退する対策も行われています。

生活環境が人間と密接

鳩は住宅街や都心部に集まる特徴があり、その理由の一つに、こういった場所は鳩にとって住みやすい環境である事が挙げられます。学校や駅、ビルやマンションなどは、場所によっては雨風を凌げるので、巣作りや雛の育成環境に適しているのです。また、一度巣が作られた場所には、翌年以降も鳩が現れて巣を作る特徴があり、これは対策を施さない限り毎年続く事になります。都心部や住宅街には、エサが豊富な事も鳩が集まる理由の一つになっています。雑食性でなんでも食べるため、駅や公園など、人間が食べカスを落としやすい場所では常に鳩が狙っています。特に屋外のアミューズメントパークや遊園地には大型の建造物も多く、エサと棲家が同時に手に入る最高の環境と言えるのです。そういった場所を、鳩から守るためには業者に駆除や対策を依頼するということが賢い選択でもあります。業者は、鳩の生態や対策方法に熟知していますので、問題をしっかりと解決してくれます。